看護師のキャリアアップはどうすれば良い?

看護師として働き始めてしばらく経つものの、キャリアといえるものがほとんどない…と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 看護師は経験や知識によって給料が変わる職業でもあるため、キャリアを積むことができればそれだけ給料アップも期待できます。

看護師の資格を取得していれば、助産師や保健師といった資格の取得も目指すことができるため、これらも一つのキャリアアップの方法だといえるでしょう。

看護師に比べると高い給料も期待できるので、より良い条件で働ける職業に就きたいと思ってる方は、ワンランク上の資格として知られている助産師や保健師の資格取得を目指すのも良いですね。

他には、ケアマネージャーの資格取得もおすすめです。 今後はさらに高齢化の時代になると言われており、ケアマネージャーの資格を持っていると面接にも有利になります。

このほかに、製薬業界での経験があると選択できる仕事の幅も広がるでしょう。 製薬会社での経験というのもキャリアになりますし、多くの製薬会社ではかなりの好条件で看護師を雇っているため、回りの職場よりも高い給料が期待できるかもしれません。

病院の看護師として活躍できるようなキャリアアップを目指しているということであれば、認定看護師や専門看護師の資格を取得するのもおすすめです。

しかも、これらの資格は病院側で資格取得をサポートするシステムを取り入れているところもあるので、そういった職場であれば取得を目指しやすいというのも大きな魅力だといえるでしょう。

注意しなければならないこととして、自分がどのような看護師として活躍していきたいのかを明確にしてキャリアアップを目指さないと、せっかく資格を取得してもそれを生かすことができず、キャリアアップには繋がらなかったというケースもあります。

各職場で求められている資格や知識というのは違うため、まずは自分がどのような看護師を目指しているのかよく考えてみましょう。

ページの先頭へ