病院や診察所への看護師転職

看護師が働いている職場では、どのような待遇になっているのでしょうか。 看護師という職業は非常に忙しいと言われています。 これには、仕事の勤務時間が不規則であるということも関係しているでしょう。

特に夜勤などが含まれていると、体調を管理するのも難しくなってしまいます。

仕事が忙しいというのはある意味仕方がないことでもありますが、勤務先にその他の不安や不満を抱えている方もいるようです。 例えば、収入や福利厚生が充実していないと仕事が嫌になってしまいますよね。

忙しく、大変な職場だったとしても収入や福利厚生がしっかりしていれば我慢できるという方も多いでしょう。

そもそも看護師の初任給はどれくらいなのかというと、一般的に初任給は25万円以上とされています。 これは、一般事務の方と比べると比較的高いですよね。

平均的な看護師の給与は33万7千円とされており、看護師長になることができれば平均は42万円となります。 事務職と比較すると高めになっているので、給料の面で満足できているという方は多いでしょう。

ただ、金額自体には満足しているものの、それが仕事量と比べて本当に適正であるかどうかということに対しては感じ方が違います。 職場によって忙しさは違うものの、かなり忙しく働いているのにそれに見合った給料がもらえていないという方もいるようなので、楽してたくさん稼げる仕事だとは言えないでしょう。

仕事内容は楽しかったものの、給料に満足できずに職場を離れてしまったという方もいるので、これから職場選びをしようと思っている方は給与にも注目して求人情報をチェックしてみましょう。

同時に確認しておきたいのが夜勤手当に関することです。 一般的に、夜勤手当は準夜勤の場合は3,500円程度、深夜勤は4,500円程度となっており、職場によっても差が大きいのでチェックしておきたいですね。

看護師といえば休みなく働いているイメージがあるかもしれませんが、週休2日というところも増えてきました。 労働条件は徐々に改善されているため、休暇の状況についてもどのようになっているのか確認した上で職場を比較しましょう。

ページの先頭へ